ホーム > スポンサー広告 > LACEWORK ~根性クロッシェ試作編~ホーム > Autumn Champagne Misaki オータム・シャンパン > LACEWORK ~根性クロッシェ試作編~

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

LACEWORK ~根性クロッシェ試作編~






ここ一週間、かぎ針でどの程度まで小さく編めるか
暇を見つけては試作を繰り返していました。

上の写真は手縫い糸を レース針 No.10 で編んだバブーシュカです。



lacew1.jpg



↑これは絹ミシン糸 50番 (糸の番手は50番ですが、シャッペスパン60番より細いです)
適当に増目しながら付け襟の形に編みました。



lacew2.jpg



↑大きさはこんな感じ。
これだけ糸が細いとテンションが一定にならず、編むのはちょっと難しいです。

鎖編みから目を拾うのが細かくて大変でした。
こんなことやってたら目がイカレますね。 カラダ壊しそう。


*おまけ*  10月21日のオータムシャンパン 全身写真


lacew5.jpg


シャカシャカボーイッシュ momoko のイヤーマフはとても可愛いです。
頭の小さい momokoより むしろMisakiにちょうど良い大きさ。


lacew6.jpg


すごく繊細な付け襟ですね。
私もレース編みはしますが、ここまで細い糸では
肩こりが倍増しそうです。なんてちいちゃな鎖編み。
でも懐かしい感じもしますね、小学生の時に初めて母に教わって
編み始めて、ハンカチの縁やドイリーなんかを段々できあがっていく
のが楽しくて、目的もなくたくさん編んだ憶えがあります。
あれはどこへいってしまったのでしょう。
1番大物は直径1m30cmぐらいの円形テーブル掛けでした。
結局、今まで1度も使ってませんが・・・。
今度、FRにショールぐらい編んでみましょうか。
まちぽいさんのを拝見して、そんな気になってきました。
[ 2009/11/05 21:58 ] [ 編集 ]
ねこまさん。

小学生のころからとは!
>1番大物は直径1m30cmぐらいの円形テーブル掛けでした

凄いです。もったいなくて使えないかもせれませんね。

私は根気が無くて、、、大物は作ったことがないどころか
編み物にしろ縫物にしろ、途中放棄の残骸だらけだったりするんですが(汗

ネット編みのショール、いいですね。
ふわふわした糸で編めばこれからの季節にピッタリだと思います。

[ 2009/11/06 17:13 ] [ 編集 ]
ものすごくものすごく細かな作業ですね。
よく似たデザインのレースを、数年前一度だけ刺繍作品の縁編みで作ったことがありますが、もう二度としないと思いました。
これだけ小さな物をこんなにきれいに作れるなんて、一つ一つの作業を本当に丁寧に続けられたからなんですね。すごいです!
バブーシュカだとまた雰囲気が違って、より乙女な感じになりますね。
イヤーマフのカチューシャ部分に小さな櫛が付いてるのにびっくり。
どことなく現代版白雪姫を思わせるMisakiです。
[ 2009/11/08 02:24 ] [ 編集 ]
リオコさん。

リオコさんは刺繍をなさるんですか? すごいなー。
私は苦手・・・なんですよ。(たぶんアバウトな性格だから)

これだけ細い糸を編んだ後に、40番レース糸をみると
レース糸が超極太糸に見える!んです(笑

>カチューシャ部分に小さな櫛が付いてるのにびっくり

小さな櫛が付いているのは、スルっと外れてしまわないように
という配慮でしょうか。
momokoの小物もけっこう芸が細かいですね。
[ 2009/11/08 08:30 ] [ 編集 ]
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。