PIXELEEN *ピクセリーン あるいは 断片

Fashion Royalty & FR Nippon Misaki のDoll写真ブログ

ホーム > アーカイブ - 2012年03月

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

FUKUSHIMA 原発避難日記 その33:脱力


shinsai37c.jpg



----前略
かさにかかって事故の損失分は抜かりなく差し引くあたり、微細なことにも功利性だけはしたたかに働くという
企業の体質がどのようにして出現したのか、近代を、その内部から蝕み荒廃させてゆくものの姿が、
ここに結像されているのを、まざまざと見るおもいがする。


長文の一部だけ抜粋すると、東電について書かれているのか?と、見まがうような表現だが
ここで言われている企業はチッソで、水俣メチル水銀汚染の話。  石牟礼道子 「苦海浄土」



shinsai37a.jpg



「水俣」と言えば、半世紀たった今なお「水俣病」「水銀汚染」といった負のイメージしか思い浮かばない事に愕然とする。
(「福島」も同じになるだろう。)

しかしながらこの本を読んでいると、数十年前も現在も何一つ変わっていないのではないか?
・・・と感じて脱力しちゃう。



shinsai37b.jpg



モデルは みんなでつくる momoko ドール 2011 森girl style

最近、ワンダのペーパードレス作りに全精力を傾けてしまい、
肩の力の抜けた 気の抜けた写真といいますか
やる気のなさがありありと見えるお披露目写真となっております。

でも一応、momokoのためにアクセサリーを作ってみました。
ロングネックレスのチョウチョは紙で出来ています。


そうれはそうと、森ガールってウエスタンブーツを履くだろうか?
ウエスタンブーツごときでは、妥協しなさそうな女の子たちじゃないかと思うんだけど。



*おまけ* みんつく 2011 momoko の服を3人でシェアしてみるの巻。


shinsai38a.jpg


左  ポピー・パーカー  花柄ワンピースの後ろ開きは全開!です。
中央 FR Nippon アメリ  杢グレーのカットソートップスを借りました。
右  みんつくmomoko     着まわしのきかないドロワーズ。。。


shinsai38b.jpg


こんな格好(森ガール)をするのは私の本意ではない。と、不満そうな顔をしているアメリ嬢。ヤル気なさすぎ。

拍手&コメントありがとうございます。

スポンサーサイト
[ 2012/03/30 17:56 ] momoko doll  モモコ | TB(0) | コメント(-)

FUKUSHIMA 原発避難日記 その32:紙だのみ


shinsai37g.jpg



前回の記事で集合写真を撮った時に、画用紙でワンダーフロッグ服を作ってみたら
(実際は、ただ単に縫うのが間に合わなかっただけ・・・なのだが)
これがとても楽しくてすっかりハマってしまいました。



shinsai37d.jpg



そんなこんなで紙工作三昧。



shinsai37e.jpg



ワンダフレンド ↑ニール・エッグ(女装させられてます)   ↑ネーラ・エッグ
丁寧にあつかえば、着せ替えも可能。



shinsai37i.jpg



後ろ開きは大胆にマスキングテープ留め。
マスキングテープなので綺麗にペロっと剥がせます。



shinsai37f.jpg



お部屋のセットは、二つ折りの色紙にパターンペーパーを貼り、窓枠などを取り付けました。
造りは簡単ですが、窓ガラスが割れていたりと、ムダな所に凝ってます。



shinsai37j.jpg



30分もあれば作れちゃうお手軽さが魅力。



shinsai37k.jpg



「誰ッ?!」


*おまけ* あ~~みずいろの~あめ~♪


shinsai37l.jpg


ワンダの撮り方が分からなくて試行錯誤中。

[ 2012/03/21 15:44 ] Wonder Frog かえるのワンダ | TB(0) | コメント(-)

FUKUSHIMA 原発避難日記 その31:あの日


shinsai36a.jpg



東日本大震災で犠牲になられた方々に哀悼の意を表し、ご冥福をお祈り申し上げます。
支援をしてくださった世界中の皆様に感謝いたします。
誰もが皆、心穏やかに暮らせるように祈っています。



shinsai36b.jpg



あの日がやってくる。
人によって「あの日」は違うのだろう。 8月15日だったり、9月11日だったり。
今まで、大きな意味を持ち、なおかつ、それ以前・以後に分かれてしまう様な日は
自分には無かった。

大震災の真っ只中に居ることは、点描画を超至近距離で見ているようなもので
東日本大震災という事象を構成する要素の一つ一つを体験しながらも、その全体像は解らない。


↓ウチにいるドール達の全員集合写真が続きます。
[ 2012/03/11 14:46 ] 未分類 | TB(0) | コメント(-)

FUKUSHIMA 原発避難日記 その30:ワンダショップへ行ってきた


shinsai35a.jpg



原発の半径20キロ圏内警戒区域へ行ってきた記事の次が、ワンダショップへ行ってきた~ミ☆って、
ものすごいギャップがある。

(警戒区域もワンダーフロッグの世界も、異界といえば異界かな?)



shinsai35b.jpg



せっかく関東地方に避難していることだし、この機会に。と、急に行ってみたくなって。

「中野のワンダショップへ行きたいんだけど、アゾンで“えっくす☆きゅーとまつり”もやっていることだし、
アゾンで待ち合わせしましょうそうしましょう10時ね」と、娘を誘った。

10時ピッタリにラジ館へ行ったら、まだ開店してなかった。 たすけて!
(「都会は大抵の店が昼(11時)からなんだよ」と娘に言われた。)



shinsai35c.jpg



↑「グェッ」ってなってるジャクシー君。



shinsai35f.jpg



ひな祭りのディスプレイ。
フォーチュンワンダ達が雛壇にずらり! とても可愛らしいですね。



shinsai35h.jpg



KENZO氏作のワンダは、販売されているワンダ達よりも顔がふっくらしているように見えます。



shinsai35d.jpg



きのこ人間ドーン!
昨年の7月に、警戒区域から救出してきたウチのフォーチュンもお店に連れて行きました。
↑黒猫着ぐるみ姿のクレア・オルテンシア。



shinsai35e.jpg



↑ミント・ピノは、かたつむりのトッツィーと一緒に。



shinsai35g.jpg



おめあてのミント・ピノ(マット肌)と、フォーチュン・ワンダフレンド ビビィー・バレット 
ミント・ピノは、マットとつやありの2種類がありました。
同じミント色でも、つやありの方がクリアで明るい色に見えるんですね。

ワンダのお洋服も買ったし、昨日はワンダショップを120%堪能してきました。めっちゃ楽しかった。

こういう機会でもなければお店に行けなかったかも・・・と思うと、なにやら感慨深いものがあったり。


*おまけ* あ・・・ありのまま今起こったことを話すぜ


shinsai35i.jpg


中野ブロードウェイで平泉のポスターを発見。


拍手&コメントありがとうございます。


[ 2012/03/04 15:47 ] Wonder Frog かえるのワンダ | TB(0) | コメント(-)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。