PIXELEEN *ピクセリーン あるいは 断片

Fashion Royalty & FR Nippon Misaki のDoll写真ブログ

ホーム > アーカイブ - 2012年02月

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

FUKUSHIMA 原発避難日記 その29:うつくしま、ふくしま。


shinsai34a.jpg



~福島第一原発半径20キロ圏内を行く~その4  <一時立ち入り(一般)3巡目 2月中旬>

無人の警戒区域内、街中を野生化したダチョウが闊歩しているという。
そのシュールな光景を見たい。この目で見たいぞ。
(原発の立地している大熊町に国内では珍しいダチョウ牧場があり、そこのダチョウが逃げ出したのだろう)

一時立ち入りの3回目。 
今回から立ち入りの手続きをする中継基地は、警戒区域北端の南相馬市の“馬事公苑”と、
南端に位置する楢葉町にある“道の駅ならは”、この2箇所から選べるようになった。
楢葉から入って6号線を北上するコースを行けば、ひょっとしたらダチョウに会えるかも ってなわけで夫に
「楢葉から行こうよ。ダチョウ見たいよ」とお願いしたところ、
「原発の近くを通るのは嫌だ」とあっさり却下された。 
福島第一原発と6号線、最も近い所だと2~3キロしか離れていないから線量高いしね。ま、仕方がない。

なにはともあれ、常磐自動車道を一路、北へ、北へ、いざ参らん、うつくしま、ふくしま。



shinsai34b.jpg



国境の長いトンネルを抜けると



shinsai34c.jpg



雪国 通行止めだった。

“災害通行止”・・・半径20キロの警戒区域にかかっている高速道路の区間が通行止めになっている。
常磐富岡IC以北は既に着工済み。しかし震災以降は工事がストップしてしまい開通するのは何時になるやら。
ついでにJR常磐線は、地震の影響で双葉の鉄橋が落ちているらしいし、線路は津波をかぶっているしで
こちらも運転再開のめど立たず。
いずれ警戒区域が一部解除されるとしても、あの辺一帯は陸の孤島になってしまうだろう。


遠くに見える青黒い山々のシルエット。ピンと張り詰めた冷たい冬の空気が好ましい。
つか、寒い。 ふぐすぃま寒いよ!



shinsai34d.jpg



南相馬市の中継基地で立ち入りの手続きをし、通行許可書と連絡用トランシーバー、防護服類、線量計を受け取って
検問所を通り原発から半径20キロ圏内の警戒区域に車で入る。



shinsai34e.jpg



今回のミッションは、自宅裏庭にある農業用ビニールハウスのビニール屋根を外すこと。
わざわざ警戒区域内にまで何しに来た?って、これだけのために来たんですよ。嗚呼もう、悲しくなるわ。



shinsai34f.jpg



福島の浜通り地方では2~3月頃、まれに大雪になることがあり、20cm以上積雪があるとハウスが潰されてしまう。

もしハウスが潰されてしまった場合、損害賠償の対象になるだろうけれど、おそらく材料費程度しか出ないだろうし
壊れたハウスの片づけやら何やら手間がかかるから、大雪が降る前に外しておけば心配をする必要もなかろう。
というわけで作業開始。



shinsai34g.jpg



ビニールハウスの屋根には放射性物質が降り積もっていて、雨が降れば雨と共に流れ落ちる。
となれば、ハウスの両側はちょっとしたホットスポットになっているかもしれないなぁ・・と思いつつ
枯れた雑草を掻き分けながらビニールを外す作業をすること1時間半。なんとか時間内に終わらせることができた。



shinsai34h.jpg



警戒区域の滞在時間が3時間半で、累積線量は1マイクロシーベルト。思ったほど被爆はしていなかった。
福島以外の地方の放射線量と比べるとケタが違うのだが、警戒区域内ではこれでもかなり低い方なのである。



shinsai34i.jpg



再び検問所を通り中継地点へ戻る。
自宅から運び出した物品と、靴の裏、車のタイヤの放射線スクリーニングを受けて問題なければ終了。
これにひっかかると、簡易除染所に連れて行かれて「汚物は消毒だー」となるらしいよ。



shinsai34k.jpg



今回からなんと、スクリーニング検査が↑“ドライブスルー方式”になったんですって!
あと、今回はペットの直接持ち出しが可能になったらしいが、今頃そんなの遅いよね。。。

警戒区域内に残されたペットや家畜に関する話は、いずれブログに書きたいと思う。



shinsai34l.jpg



家から持ってきたもの。
怖い顔したFRに会いたくて、↑アデールと不良娘エリンを連れてきた。
家に置きっぱなしになっている人形を見てみたところ、どれもこれも髪がゴワゴワになっていた。
部屋を閉め切って風通しが悪くなっているせいかしら?

警戒区域が解除されるのは、一番早い川内村でも今年の年末になるだろうか?
自宅周辺の除染は何時になったら終わるのかわからず、これ以上ほったらかしておくと
レンズがカビだらけになってしまうだろうし、警戒区域内では空き巣の被害も増え続けていると聞いたので
自宅においてあったカメラとレンズ↓を持ち出してきた。

(立ち入り禁止の警戒区域内で空き巣被害?と思われるかもしれない。しかし入ろうと思えば入れるのである)



shinsai34m.jpg



福島第一原子力発電所から半径20km内にあり、警戒区域に指定されてしまった自宅。

部屋の中に、埃の積もったコーヒーカップが転がっていた。
それを使っていた頃の、これといって何もない日々の記憶が蘇る。
水面に向かってふわっと浮き上がってくるような、その感覚は甘美である。
福島の空気は、実に情報量が多い。
空気を胸いっぱい吸い込むと、初冬でも真冬でもなく、遠い春の訪れを心待ちにする頃、
光の色が変わり始めた冬の匂いがする。


・・・なぁんて具合に、優雅で感傷的な気分に浸っていたけどさ、
空気と一緒に放射性物質も吸い込んじゃってるかもしれんな。クソっ。美しい福島を返してくれ。


*「うつくしま、ふくしま。」は、福島県のキャッチコピーみたいなもの。
都市機能移転に関する「森にしずむ都市」というのもある。こちらのコピーは不評だった。
ヨコだけど「ピュー!と吹くジャガー」には福島県出身のシャイな青年、宇津久島福嗣(うつくしま ふくし)君という
キャラクターが登場する。


スポンサーサイト
[ 2012/02/25 16:52 ] 未分類 | TB(0) | コメント(-)

FUKUSHIMA 原発避難日記 その28:禁断の森のキノコ


shinsai33g.jpg



去年の10月、福島の仮設住宅に住んでいるばーちゃんから電話があった。

「○○さんからキノコもらったんだけんちょもかえっか?」
*訳* ○○さんから(山で採ってきた)キノコを貰ったけれど、食べても大丈夫か?


「やめとけ、なげろはー」 と、私は言った。 *なげろ=捨てろ



shinsai33a.jpg



昨年の秋、福島県の浜道りと中通りの市町村には“野生キノコの摂取・販売禁止”という通達が出ていて、
キノコの種類にもよるが、野生キノコからは数千~数万ベクレルもの放射性セシウムが検出されていた。
(これはもう高レベル放射性廃棄物!)



shinsai33b.jpg



市町村の広報誌やTV、新聞報道などで、キノコ喰うな、きのこはヤバイなどと言われていたため、
昨年の秋は、山へキノコ採りに行く人が少なかった。
逆に、誰も採らないからこそ、山へ行けばキノコ採り放題・・・だったらしい。

そんなわけで、採ってくる人もいたのね。
こういう実態を、厚生労働省のエライ人は御存知なのだろうか?
知っていたとしても、それは自己責任ってことになっちゃうんだろう。



shinsai33c.jpg



辺見庸「もの食う人びと」の中に、チェルノブイリ原発近くに住む人の家へ行き、近くの森で取れたキノコ炒めやら
スープを食べる話があったなぁ。
原発近くに住む人は、汚染されていることを承知で食べているのである。

昔それを読んだときには、「うわぁ。信じられない。どうしてそんなこと」とか思っていたけれども
同じじゃん。 福島も。



shinsai33d.jpg



ワンダーフロッグ用の“キノコのかぶりもの”を編んでみた。ついでに鍵モチーフのネックレスも作った。
傘の部分は、非定型な“うねり”が出るように増減目をランダムにしたり、傘の表と裏側の素材を変えてみたり
と、地味に凝っているのだが、、、



shinsai33e.jpg



「これ、何?」 と言われてしまいそうな出来栄え。 イインダヨ!



shinsai33f.jpg



「地球の長い午後」に出てくる頭に寄生するあれ、何だっけ? アミガサ? 

[ 2012/02/14 16:54 ] Wonder Frog かえるのワンダ | TB(0) | コメント(-)

FUKUSHIMA 原発避難日記 その27:かかる憂き目


shinsai32a.jpg



えー、前回“持ち物リスト”の記事を書きましたけれども。
私自身が常に持ち歩いているのは、身分証と現金とキャッシュカードのみです。 ははははは。



shinsai32b.jpg



今は関東圏に避難しているので、ひとたび首都圏直下地震が起きれば、程度の差こそあれ被害を受けるだろうし、
あっち(福島)に帰ったら帰ったで、“双葉断層がヤバイ”とか言われているし、アウターライズとか何とか
巨大な余震があるかもしれないし、どうしたらいいものやら。心配するとキリがないわ。



shinsai32c.jpg



問題になるのは、いつどこで被災するか。
本震とその後に続く大きな余震をどう乗り切るかが最も重要で、運がよければ生き延びることができるかなぁ。
たとえ何もなくても生きていれば何とかなるし。(何とかせざるを得ないと言うべきか)

まぁ。生きていたら生きていたで、「かかる憂き目を見るがわびしい」になるか。。。



shinsai32d.jpg



ビレバンで POCKET DIGITAL CAMERA SQ30L を買いました。心眼で撮るタイプのトイデジです。
ほぼ正方形フォーマット。

(ビレバンといえば、ロリンズの Night at...を思い出すクチ)



shinsai32e.jpg



買ったのはトイデジだけではなかろう。 というツッコミを自分で自分に入れてみる。
とうとうワンダーフロッグにも手を出しましたよ。



shinsai32f.jpg



ワンダフレンド #25 Neala Egg
ネーラ・エッグはお姉さん。 ダスティローズと言うのかな? くすんだ渋いピンク色です。

ワンダフレンド #26 Neal Egg
弟のニール・エッグ。 レモンイエローの絵の具に、不透明の白を混ぜたような色。



shinsai32g.jpg



生きているうちに遊んで遊んで遊び尽くす覚悟はできている。   ・・・つもり。

[ 2012/02/05 15:11 ] Wonder Frog かえるのワンダ | TB(0) | コメント(-)

FUKUSHIMA 原発避難日記 番外編:特別企画 “有事に備えよう!”その1


shinsai31a.jpg



首都圏直下地震が今後4年のあいだに70%の確率で発生するとかなんとか。マジで?


ちょいと近くのコンビニとかに買い物に出かけたら、大地震に見舞われ自宅が倒壊→いきなり避難所生活に突入
という事態になってしまうこともありうるので、



*特別企画* 経験者は語る ~ちょいとそこまで、、、出かける時に最低これだけは持っとけ!~持ち物リスト


1.免許証やパスポートなど、顔写真付きの身分証明書と保険証

これが無いとオハナシになりません。
避難生活を続けるにあたって必要です。 あるいは身元確認とか....ね。
顔写真付きの身分証を持っていない場合は、保険証+もう一種類の身分証明書が必要になってくる場合もあります。


2.現金

千円札と小銭、沢山。
震災直後の混乱期には、「1万円札ではおつりを出せない」と断られてしまうことが多々あります。


3.キャッシュカード

貯金通帳は身分証があれば再発行してもらえます。
印鑑がなくても拇印でOK。


4.携帯電話

これはまぁ説明不要かと。
携帯の充電器は、どこにでも用意のいい人ってのがいてですね誰かが持っていたりします。その人から借りるとか
地震発生から数日過ぎると、通信各社が避難所に無料充電コーナーを設置してくれるのでそれを利用できます。


5.水 ペットボトル500ml

水がないと死んじゃう。かといって2ℓペットボトルを持ち歩くわけには行かないしねぇ。
常に持ち歩くとしたら、これぐらいが妥当かなぁ。 


6.*持病がある場合* 持病の薬3日分

薬3日分と薬品名を控えた紙を一緒にしておきます。
3日分の理由は、金曜日に地震が発生した場合、土・日曜をはさんで月曜日に医者へ行く事になるから。
震災直後、病院は重症患者しか受け入れてくれず、一般の外来は診療休止になることがほとんどです。
(外来入り口が閉鎖されていたり、外来診療は救急のみ、処方箋の発行のみ対応など、病院によってまちまち)
基本的には処方箋がないと薬局で薬を受け取ることができません。
(同じ薬を同じ薬局で定期的に受け取っている場合は、災害ってことで特別に融通してくれる場合もあるようです)
そのへんを、法律で何とかしてくれないかなぁと思うんですが。どうだろう。



shinsai31b.jpg



7.塩

チャック付きビニール袋に、ティースプーン山盛り1敗程度を入れて用意。。
避難所で配られる味気ないオニギリにちょっとつけて食べたり、発熱時は水に溶かして飲んだり
のどが痛いとき塩水でうがいをしたりと、色々な使い道があります。


8.キャンディ

健康な人間なら2~3日食べなくても死なないし、都市部や市街地、人がある程度いるところなら
食料は持っていなくても何とかなるでしょう。あまり心配しなくてもいいかな。
山間部の周りに何もない所で孤立してしまったり、救助がなかなか来ない場合にはこれでしのぐしかないかと。


9.ポケットティッシュ2~3個

ティッシュ1枚も貴重品です!!


10.歯ブラシ

軽いし、かさばるものでもないし、バッグに入れておきましょう。
あるのとないのでは大違いなんですよ。
1日ぐらい歯を磨かなくてもなんてことはありませんが、3日4日と過ぎるにつれ耐えられなくなってきます。


11.耳栓

歯ブラシと同様。


12.大きめのハンカチ

バンダナサイズなら使い道いろいろ。



shinsai31c.jpg



13.使い捨てマスク 

体育館など多数の人がいるところでは、感染症が流行りやすくなります。


14.レジ袋

袋に穴が開いていないか確認してから、小さくたたんでバッグに入れておきましょう。


15.ホイッスル

いつどこで被災するかは神のみぞ知る。持っていたほうが良いでしょう。
どういうわけか自分だけは大丈夫と思い込むのが人間というもの。それがまさか被災するなんてと。←私だ。


16.解熱・鎮痛薬 2日分ぐらい

持っていると安心。市町村が開設した避難所なら貰えるかな?


17.下痢止めor便秘薬

持っていると安心。ストレスを受けると交感神経が優位になり、胃腸の働きがおかしくなります。
避難生活中ほとんどの人が下痢か便秘になり、下痢が続くと体力が奪われてしまいます。
これも避難所で貰えるでしょう。


18.*女性の場合*生理用品 夜用1+普通用2~3個

とりあえずこれだけで時間を稼いでその間に調達する。と。
震災後、あっという間に店頭から消えちゃうんですよ。避難所には支援物資として送られてきます。



shinsai31d.jpg



ホイッスルの順位が低いのは、あくまでも個人的な経験による判断です。
住んでいる地域・生活圏の状況によって各自ご判断ください。

モデルはHIGH SCOOL IDOL momoko ヘアカスタム

[ 2012/02/02 18:36 ] momoko doll  モモコ | TB(0) | コメント(-)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。