ホーム > カテゴリー - Accessory アクセサリー/小物/その他

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

FUKUSHIMA 原発避難日記 その9:イニシャルG


shinsai13a.jpg



8月10日 21時17分頃、6畳居間西南西テレビ台付近ニ、敵G(成体)1体現ル。
ピレスロイド系神経ガスジェット噴射兵器ニテ交戦。
敵Gノ機動力ニ翻弄サレルモ白兵戦ノ末、此レヲ殲滅ス。


ふぐすぃまにお嫁に来てまず驚いたこと。
俊敏かつ予測不可能な動きをする都会のGに比べ、田舎のGはおっとりしている!

違う種類なのかな?

普通、屋外の朽木の下などでひっそりと暮らしていて、家の中で見かけることはごくまれ。
年に1度あるかないかである。
家の中に現れても廊下などの片隅にじっとしているだけで、これといって実害も無いので、
無益な殺生はせずにいる。
(スズメバチやムカデのほうがよっぽど恐ろしい)



shinsai13b.jpg



かくかくしかじかで関東平野のアパートに引っ越してきたわけだが、最近きわめてGの出現が多い。
トーホグで生まれ育った次女は生まれて初めて都会のGと遭遇、阿鼻叫喚。
(そういえばトーキョーへ出た長女も、Gと初遭遇したときに「Gが出た、飛んで向かってきやがった」と
わざわざ電話電話をかけてよこしたっけ)

それにしても都会のGは予測不能の動きをするから嫌だ。テラテラといやらしいボディの質感も嫌だし、
触覚の動きは不敵な感じがして嫌。
ホウ酸団子の殺虫剤を買ってきた。 37564にしてやる。


スポンサーサイト
[ 2011/08/12 17:31 ] Accessory アクセサリー/小物/その他 | TB(0) | コメント(-)

トピアリー


csy200a.jpg



100均(セリア)で購入したプラスチック製のグリーンボール等を使って
ベンジャミンのスタンダード仕立てを作ってみました。

1, ボール状のグリーンに、その辺で拾った木の枝をグサっと突き刺す。
2, 紙粘土を半分ほど詰めた植木鉢の中央に、上記の枝を固定。
3, 下草用の造花を適当な長さに切って鉢に入れる。



csy200b.jpg



グリーンボール1個、下草×2束、植木鉢 合計400円。(紙粘土含まず)

プラスチック製なので安っぽい質感ですが、遠くから眺めるとまぁまぁそれらしく見えます。


*おまけ*  2010 ショパン&シューマン・イヤー 


csy200c.jpg


2010年はショパン&シューマン 生誕200年 ついでにマーラー生誕150年。
ショパンの曲は何枚かCDを持っているけれど、シューマンはピアノ協奏曲しかないなぁ。というわけで
ホロヴィッツの箱(ショパン、シューマン、スカルラッティ、etc.)と、ルービンシュタインのショパン箱、
バーンスタイン&ウィーンフィルのシューマン交響曲全集を買った。
(ルービンシュタインのショパンは、すでに持っているCDとダブるけどセットだと安いから)

で、シューマンの曲を聴いていると、どうも気分が落ち着かない。
「シューマンって作曲家、好きじゃないかも」と、今頃になって気がついた。

バンスタのマーラー全集も欲しい。でももう先立つモノが無くなったわー。 
HMVのポイントを使ってしまおうか。

秋色あじさい



 


紙創り テーブルガーデンキット(1/12サイズ) アジサイ で、1/6ドール用のコサージュを作りました。



ajisai2.jpg



花の色が褪せて、ドライフラワーになったアジサイの様に彩色を施してあります。



ajisai3.jpg



ついでに、シルバーの鍵モチーフを使ってネックレスも作りました。



ajisai4.jpg



難しそうだけどカワイイ♪ という理由で買ってしまったペパクラのアジサイ。
届いたキットを見て、あまりの細かさに目が点になった・・・



ajisai5.jpg



見ろ! パーツがゴミの様だ!

彩色した花弁パーツ2枚を十文字に接着し、丸みを付けたものが1個の花。(正確には“がく”に相当する部分)
その花パーツを合計156個作りました。 



ajisai6.jpg



丸いスポンジを芯にして、花パーツを一つ一つ接着していきます。
キットに付属しているスポンジは不自然な黄色だったので、ベージュ色に変えてあります。



ajisai7.jpg



スポンジの芯に花パーツをみっしり付けると ↑このくらいの大きさ。



ajisai8.jpg



最後に葉っぱやリボン、ラフィア風の紐、ワイヤーを曲げて作ったピンを後ろに付けて完成。



ajisai9.jpg



秋色アジサイのコサージュを、Misakiに付けてみたところ。



ajisai10.jpg



momokoちゃんにも。 

これは苦労して作った甲斐がありました。 かわいい。

で、アジサイの葉っぱパーツばかり余ってしまったのだが、、、 庭でも造って植えるかな?


Ivy






紙創り 1/12 ペーパークラフトキットの ヘデラ(Ivy)を、部屋の照明に飾り付けてみました。



ivy2.jpg



アイビーのパーツをシートからカッターで切り離し、ガーランドとして絡ませただけです。



ivy3.jpg



ついに彩色すら放棄した超カンタン工作。

↑上の写真にチラっと写っているmomokoは、



ivy7.jpg



木漏れ日とスキップ Beige Ver.

ナチュラル系 お色気0%!の momoko ちゃん。



ivy4.jpg



1/12 サイズなので若干小さめですが、窓際に飾るのもよさそうです。



ivy5.jpg



照明器具一式は、ドールハウス カドーで購入。

乾電池ボックスとヒューズ付きのタップに照明をつなげれば 灯りがともります。



ivy6.jpg



ちょうど良い植木鉢がなかったので、PPシートをカットしてテラリウム風のケースを作り
中にカラーゼオライトを入れて、彩色したアイビーを植えました。



ivy8.jpg



ところで、「きかない」という方言は、東北~北海道にかけて使われているようですね。
少女に「きかない娘だね」というと、強情とか気が強いとか、おてんばといった意味になります。
大人の女性に対して「きかない顔してる」なんて言ったら 以下略。

拍手&コメントありがとうございます。

モンステラ  その2


a2monstera.jpg



「色塗って、切って貼ればいいんでしょ?」・・・と、

私は ペーペークラフトを少々甘く見ていた



a3monstera.jpg



絵の具と絵筆を使って“色を塗る”という第一段階で、早々に躓いてしまったわけですよ。

これが意外と難しい。o ○



a1monstera.jpg



紙創りのペパクラ モンステラ、今回はもっとも大きく切れ込みのたくさん入ったタイプと
2番目に大きい葉っぱのパーツを1枚づつ使って工作しました。



a4monstera.jpg



先に葉っぱと茎を接着してから、ラッカー系スプレーで塗装。
大きめの葉っぱパーツは、グルーガンや超速乾タイプの接着剤を使うと作りやすいです。
片方の葉には、白いアクリル絵の具を歯ブラシに付けてスパッタリング。
塗料が乾いてから、グロスバーニッシュを2回塗り重ねて仕上げました。(ニスでもOK)

まるでプラスチックか金属のような光沢のある質感になっています。



a5monstera.jpg



モダンなインテリアグッズとして使えそう。

ペパクラの世界は奥が深いですね。



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。